「歌舞伎」が上演されない町なのに、「歌舞伎町」なのはなぜ?


東京で「歌舞伎」を見られるのはどこ?

東京で「歌舞伎」を見られるのは、銀座にある「歌舞伎座」「新橋演舞場」です。

江戸時代でも「歌舞伎」の興行場所は幕府によって限定されていました。

中村座、市村座、森田座、山村座の江戸四座で、境町(現在の人形町)、葺屋町(同じく人形町)、木挽町(同じく銀座)にこれらがありました。

スポンサーリンク

「歌舞伎」を見られないのに「歌舞伎町」?

ところが、東京には「歌舞伎」を見られないのに「歌舞伎町」という地域があります。

そう東洋一の歓楽街として世界にも知られている新宿「歌舞伎町」です。

キャバクラやホストクラブ、風俗店、パチンコ屋などが軒を連ねる光景は、「歌舞伎」の持つあやしい世界に通じるものがないわけではないでしょう。

しかし、「歌舞伎町」に足を運んでも「歌舞伎」は見られません。

江戸時代にさかのぼっても、前述の通り、この一帯に「歌舞伎」が見られる劇場はありませんでした。

では、なぜこの地域に「歌舞伎町」という名前が付けられたのでしょうか?

スポンサーリンク

新宿「歌舞伎町」の由来は?

この一帯は、1945年の東京大空襲で焼け野原となりました。

しかし、戦後復興計画の中で、この地域に「歌舞伎」を上演するための劇場建設が予定されていたのです。

それが、「歌舞伎町」の名前の由来なのです。

結局、計画は頓挫しましたが、「歌舞伎」の劇場が建設される町という意味の「歌舞伎町」という地名だけが残り、現在まで使われているのです。

「歌舞伎」の劇場の代わりに作られたのが、1956年に建設された「新宿コマ劇場」です。

この劇場では、ミュージカルなども上演されましたが、なんといってもここは「演歌の殿堂」なのです。

北島三郎、氷川きよしなど演歌歌手の公演が多く開催されましたが、2008年に閉館し、2011年から解体工事が始まりました。

2015年4月には、東宝の複合インテリジェントビル「新宿東宝ビル」が完成しました。

現在では、都内最大級のシネマコンプレックス「TOHOシネマズ新宿」と、東宝映画「ゴジラ」のオブジェが新しい「歌舞伎町」の顔となっています。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ