「風習・慣習」の記事一覧

「6月の花嫁は幸せになる」といわれているのはなぜ?

昨今は結婚にも色々な種類があるようですね。 地味婚、派手婚、できちゃった婚などなど。 日本の結婚事情は時代とともに移り変わっているようですが、いつの世の女性も変わらず憧れを抱くのが「6月の花嫁」です。 いわゆる「ジューン・・・

「ワープロ」文書と「手書き」文書、最も気をつけるべきこととはなに?

「ビジネス文書」はある程度フォーマットが決まっています。 したがって、「手書き」よりも文書の内容をその都度差し替えられる「ワープロ」で作成する方が効率的です。 しかし、「ワープロ」への過信は禁物です。 スポンサーリンク ・・・

正式な手紙やビジネス文書を書く時の「黄金ルール」ってなに?

正式な手紙やビジネス文書を書くときには、「頭語」と「結語」、「時候や安否の挨拶」のように知っておかなければならない幾つかのルールがあります。 以下に、これだけ知っていればいいと思われる「黄金ルール」を紹介します。 スポン・・・

「表札」が必ず門や玄関の「右側」にかけられているのはなぜ?

ひと昔まで「表札」といえば、かまぼこ板より少し大きいくらいの縦長の木や石に筆書体で名前を掲げるのが普通でした。 しかし、近頃の住宅では、しゃれたステンレスのボードに英字で家族全員の名をいれたり、透き通るガラスに漢字と英字・・・

大晦日に「年越しそば」を食べるようになったのはなぜ?

年末にテレビを見ていると、必ずといっていいほど客で込み合ったそば屋が映し出されます。 日本人にとって1年で最後の縁起担ぎでもある「年越しそば」を食べる映像です。 もし、外国の人に「なぜ「年越しそば」を食べるのか?」と聞か・・・

「冬至」の日に、「かぼちゃ」を食べて「ゆず湯」に入るのはなぜ?

「冬至」とは? 「冬至」といえば、1年でもっとも夜の訪れが早い日です。言葉をかえれば、日照時間が一番短い日です。 ネオンきらめく都会でサラリーマン生活を送っていると、あまり意識することもありませんが、「冬至」はだいたい毎・・・

「お正月」に「門松」を立てるのはなぜ? 「お正月飾り」の由来は?

「お正月にはあなたの家にも神が降臨している!」などと言われたら、21世紀の日本ではオカルトかといぶかられそうですが、日本の「お正月」とはそもそもそういうものなのです。 スポンサーリンク 「お正月」の由来とは? じつは、農・・・

手を箸の下に添えて食べ物を口元に運んだらいけないの?

料理を器から取り上げて口に運ぶ動作、時間にすればごくわずかですが、けっこう緊張する瞬間ではないでしょうか? 途中でポロリと箸からこぼれ落ちたり、ポタポタと汁がたれるのは恥ずかしいものですしね。 かといって口からお迎えに行・・・

もっとも大切なお客が座るべき位置は部屋のどこ?

自宅で家族が食卓を囲むときなどは、だれがどこに座るか、だいたい定位置が決まっています。 いつもと違う場所に座ると、なんとなく落ち着かないものです。 家族の間にはこうした暗黙の了解がありますが、では自宅などに招待したお客に・・・

敬称の一つ「殿」はどんな時に使えばいいの?

「敬称」とはじつに厄介なものです。 「敬称」をつけないのは論外ですし、かといって間違えば相手に大変失礼になり、その後の関係にひびが入ってしまうことのあります。 しかし、「敬称」といっても、「先生」、「様」、「社長」、「部・・・



このページの先頭へ