「相撲」で、ほとんど裸で戦うのはなぜ?


古代のオリンピックでは、出場選手は全裸で競技をしていたといいます。

当時の競技は、短距離走、中距離走、レスリング、円盤投げなどでした。

選手が不正を行わない証として、全裸で競技に出場していたといわれています。

スポンサーリンク

「相撲」で、ほとんど裸で戦うのはなぜ?

今でも、身にまとうのは「まわし」だけという、裸に近い格好で行う競技が、日本の「相撲」です。

相撲の取り組みのイラスト画像

その理由は、「相撲」が神様への感謝の気持ちを捧げる「神事」だからとされています。

それは、日本各地のお祭りの際に、神様に捧げる「奉納相撲」が開催されていることからもおわかりいただけるでしょう。

「まわし」以外を身に着けていない理由は、神様に対して、不正なことをしていないということの証だというのです。

スポンサーリンク

「相撲」の起源は?

もともと「相撲」の起源は、古事記の「出雲の国譲り」の伝説とされています。

現在では、「相撲」の神様とされている「建御雷之男神(たけみかづち)」が、出雲を治めていた「大国主(おおくにぬし)」に、国を譲るように迫りました。

そして、「健御名方神(たけみなかた)」との戦いに勝ち、出雲を譲り受け、日本の礎が築かれていったといいます。

一方、海外にも日本の「相撲」と同じように、身にまとうものを減らし、裸に近い格好で競い合う格闘技は多いです。

トルコのオイルレスリングで知られる「ヤールギュレンシュ」やモンゴル相撲と呼ばれる「ブフ」などです。

これらの競技では、「武器を持っていないことを相手に示す」ことを主な理由として、裸に近い格好で競い合うようになったとされています。

「相撲」は日本の「国技」ではない?

ちなみに、「相撲」は日本の「国技」と思っている人が多いようですが、日本の法律で「国技」を定めたものはありません。

「相撲」を催す施設に「国技館」という名前をつけたことから、「相撲」「国技」であるという認識が広まったのです。

同様に、「国技」と思われがちな「剣道」「弓道」「柔道」なども「国技」ではありません。

スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ