映画やドラマでよく見る「特別出演」と「友情出演」に違いがあるの?


よく映画やドラマのエンドロールの中で俳優の名前の後に、「特別出演」とか「友情出演」という表示がされていることがあります。

このような出演者は、いったい他の出演者とどのような違いがあるのでしょうか?

「特別出演」と「友情出演」何が違うかを表示したイラスト画像

「特別出演」とは?

「特別出演」の場合は、たいがいベテラン俳優が多いので、特別に頼んで出演してもらったということが何となくわかります。

「特別出演」とは文字通り、特別に「この役はあなたに演じてもらいたい」という強い要望があっての上で出演してもらっていることです。

この場合は特別に出演してもらうのですから、それなりのギャラは支払われていることは当たり前です。

スポンサーリンク

「友情出演」とは?

一方の「友情出演」の場合は、誰との友情なのか分からないこともあります。

「友情出演」とは主にその監督か主役のキャストと個人的に深い付き合いがあることから、コネで出演してもらっているということなのです。

「友情出演」の場合、ほんの顔見世程度のワンシーンでの出演であったりする場合があり、よくノーギャラ出演だといわれることがありますが、これもケースバイケースです。

いくら「友情出演」といえどもシーンが多い場合や俳優の所属する事務所の都合により、ギャランティー(最低出演料)が発生することもあります。

洋画の場合は異なる?

洋画の場合は「特別出演」や「友情出演」とクレジットが出ることはありません。

かなり有名な俳優が特別に出ていても、名前さえクレジットされない場合もあります。

これらは形としては「友情出演」となりますが、出演シーンもかなり演出されていてどこに出ているのかわからないこともあります。


結局、映画の内容が面白ければ、エンドロールに「特別出演」とか「友情出演」とあってもさして気にする必要などないのです。

スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ