【Windows10】「コマンド プロンプト」メニューが消えた! 「コマンド プロンプト」メニューの復活方法は?


「コマンド プロンプト」とは?

「コマンド プロンプト」を使っている方はあまり多くないかも知れませんが、コマンド入力による操作が可能なツールです。

その画面を示します。

コマンドプロンプト画面の画像」
(画像をクリックすると拡大表示されます。)

「コマンド プロンプト」画面を開く従来の方法

「Windows10」では、従来「コマンド プロンプト」画面を開くのに、「スタート」ボタンを右クリックして出てくる「スタートメニュー」から「コマンド プロンプト」メニューをクリックしていました。

スタートメニューの画像
(画像をクリックすると拡大表示されます。)

「コマンド プロンプト」メニューが消えた!

ところが、2017年4月に更新開始された「Windows10 Creators Update」では、「スタート」ボタンを右クリックして出てくるメニューの中から「コマンド プロンプト」のメニューが消えてしまい、かわりに「Windows PowerShell」のメニューが追加されました。
追加というより置き換わったといった方がいいでしょう。

スタートメニューにて「コマンド プロンプト」が「Windows PowerShell」に置き換わった画像
(画像をクリックすると拡大表示されます。)

スポンサーリンク

「Windows PowerShell」とは?

「Windows PowerShell」とは、「コマンド プロンプト」と同じようなコマンド入力による操作が可能なツールであり、マイクロソフトが「コマンド プロンプト」の後継として作ったものです。画面的には「コマンド プロンプト」と似ています。

「Windows PowerShell」画面の画像
(画像をクリックすると拡大表示されます。)

役割的には同じですが、「Windows PowerShell」の方が「コマンド プロンプト」よりもいろいろなことをできますので、進化してパワーアップした「コマンド プロンプト」と言えるでしょう。

ほとんどのコマンドはそのまま使えますし、機能が追加されていることから、これを機に乗り換えてしまうのも良いかもしれません。

とはいえ、手慣れた従来の「コマンド プロンプト」を使いたいのであれば、「コマンド プロンプトをメニュー項目へと復活」させた方が便利です。

では、次にその復活方法を説明します。

スポンサーリンク

「コマンド プロンプト」メニューの復活方法

まず、「スタート」ボタンを右クリックして出てくる「設定」メニューをクリックし、「設定」画面を表示します。

次に「個人用設定」をクリックします。

「設定」画面の画像
(画像をクリックすると拡大表示されます。)

次に「タスクバー」をクリックしてから、右側にある「Windows PowerShellへの置き換え」をオフにすれば、「コマンド プロンプト」メニューを復活させることができます。

タスクバーの設定画面の画像
(画像をクリックすると拡大表示されます。)

確かに、次のように「コマンド プロンプト」メニューが復活しています。

スタートメニューにて「コマンドプロンプト」メニューが復活した画像
(画像をクリックすると拡大表示されます。)

もし「Windows PowerShell」に戻したい場合には、先ほどの「Windows PowerShellへの置き換え」をオンにすれば元に戻ります。

最後に

以上、「コマンド プロンプト」メニューの復活方法を述べましたが、お役に立てれば幸いです。

尚、メニューから「コマンド プロンプト」画面を出せるようになったが、画面に表示される文字が小さすぎて困るという方はこちらの記事「Windows10 「コマンド プロンプト」の文字が小さくなった! 文字を拡大するには?」をご参照下さい。

2017年4月に更新開始された「Windows10 Creators Update」では、「コマンド プロンプト」画面の文字が非常に小さくなってしまいましたので。

スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ