世界で一番多い名字はどこの国の何さん? 世界各国の名字ランキングは?


名字ランキングのロゴ
日本で一番多い名字といえば「佐藤」さんです。

約190万人もいるというから、70人に1人は「佐藤」さんなのです。

実感的にはあっているようですね。

では、世界で一番多い名字は何でしょうか?

正解は「李」さんなのです。

以前は「王」さんでしたが、最近では「李」さんが第1位になっています。

世界で最も多い13億人の人口を有する中国の、実に8%が「李」さんなのです。

しかし、割合をみると大したことがないように思えますが、実際の数にすると9,500万人にものぼります。

これは日本の人口の75%に相当します。

ちなみに、韓国では「金」さん、アメリカでは「スミス」さんが第1位です。

では、これから世界の主な国における名字ランキングと、欧米の国についてはそれら名字のもともとの意味するところをみていきましょう。

結構興味深いものがあります。

スポンサーリンク

日本

まずは、日本における名字ランキング(第1位~第5位)です。
なお、%は人口に占める割合です。

  1. 佐藤: 1.5 %
  2. 鈴木: 1.4 %
  3. 高橋: 1.1 %
  4. 田中: 1.1 %
  5. 伊藤: 0.9 %

みなさんの実感にあっているでしょうか?

中国

世界一の人口を有する中国における名字ランキング(第1位~第5位)です。
なお、%は人口に占める割合です。

  1. 李(リー): 7.9 %
  2. 王(ワン): 7.4 %
  3. 张(張)(チャン): 7.1 %
  4. 刘(劉)(リウ): 5.4 %
  5. 陈(陳)(チェン): 4.5 %

韓国

お隣の韓国における名字ランキング(第1位~第5位)です。
なお、%は人口に占める割合です。

  1. 金(キム): 22 %
  2. 李(イ): 15 %
  3. 朴(パク): 9 %
  4. 崔(チェ): 5 %
  5. 鄭(チョン): 4 %

なんと、「金」さんは5人に1人、「李」さんは7人に1人、「朴」さんは12人に1人とは驚きです。

スポンサーリンク

イギリス

イギリスにおける名字ランキング(第1位~第5位)です。
なお、%は人口に占める割合です。また、[ ] 内はもともとの意味です。

  1. Smith(スミス): 0.8 % [鍛冶屋]
  2. Jones(ジョーンズ): 0.6 % [Joneの息子]
  3. Williams(ウィリアムズ): 0.4 % [Williamの息子]
  4. Brown(ブラウン): 0.4 % [茶色、茶髪]
  5. Taylor(テイラー): 0.3 % [仕立て屋]

%が低いということは、名字の数が多いということでしょう。

ドイツ

ドイツにおける名字ランキング(第1位~第5位)です。
なお、%は人口に占める割合です。また、[ ] 内はもともとの意味です。

  1. Muller(ミュラー): 1.0 % [粉引き屋]
  2. Schmidt(シュミット): 0.7 % [鍛冶屋]
  3. Schneider(シュナイダー): 0.4 % [仕立て屋]
  4. Fischer(フィッシャー): 0.4 % [漁師]
  5. Meyer(メイヤー): 0.3 % [領主の執事]

名字のもともと意味するところは、イギリスと似ていますね。

アメリカ

アメリカにおける名字ランキング(第1位~第5位)です。
なお、%は人口に占める割合です。また、[ ] 内はもともとの意味です。

  1. Smith(スミス): 0.9 % [鍛冶屋]
  2. Johnson(ジョンソン): 0.7 % [Johnの息子]
  3. Williams(ウィリアムズ): 0.6 % [Williamの息子]
  4. Brown(ブラウン): 0.5 % [茶色、茶髪]
  5. Jones(ジョーンズ): 0.5 % [Joneの息子]

イギリスと似ていますね。
やはりイギリスからの移民が多かったということでしょう。


以上、世界各国の名字ランキングでした。

スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ