「日本酒」がアルコール度22度以上にできないのはなぜ?


世界各地で飲まれるお酒は、国や地域ごとにさまざまな種類があります。

世界各地のお酒の中でもっともアルコール度が高いのは、じつは「日本酒」?

ところで、世界各地のお酒の中でもっともアルコール度が高いのは、じつは「日本酒」ともいえることをご存知でしょうか?

日本酒とその原料であるお米の写真画像

えっと驚かれるかもしれません。

「ウォッカ」「ブランデー」のほうが「日本酒」よりアルコール度は高いじゃないかと思われるのももっともです。

たしかに「ブランデー」40度から50度もありますし、「ウォッカ」では90度以上のものもあります。

しかし、これらは「蒸留酒」であって、一度作った「原酒」を繰り返し蒸留することで度数を高めたものです。

スポンサーリンク

一方、「日本酒」「原酒」20度くらいのアルコール度を持っていて、それを商品として出荷する際に、15度程度まで薄めています。

「原酒」の段階でアルコール度数が20度もある酒は珍しいのです。

「世界各地のお酒の中でもっともアルコール度が高いのは、じつは「日本酒」」というのは「原酒」の話でした。

「日本酒」がアルコール度22度以上にできないのはなぜ?

「日本酒」では「酵母」が原料米の糖分をアルコールに変えています。

そのときに、アルコール度数が20度を超えるとアルコールの作用で「酵母」自身が死んでしまいます。

したがって、それ以上の度数の「日本酒」を造るのは難しいのです。

また、日本の酒税法では、「日本酒」はアルコール度が22度未満とされています。

それ以上のアルコール度を持つ「日本酒」がないのは、この法律があることも関係しています。

スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ