「結婚式の披露宴」にはどんな服装で出席すれば失礼がないの?


格式高いホテルなどでの「結婚式の披露宴」に招待されたら、やはり「それなりの服装で行かなくては・・・」というプレッシャーを感じてしまいます。

「モーニング」や「タキシード」、「黒留袖」はいいの?

だからといって「モーニング」や「タキシード」で出かけるのはNGです。

じつは、男性の「モーニング」や「タキシード」、女性の「黒留袖」といった正礼装を身につけていいのは、新郎新婦の親や兄弟、親戚といった近親者だけと決まっています。

「披露宴」に出席するときはおしゃれをするのがマナーだからと、「タキシード」でバッチリ決めたとしても、それが新郎の友人であれば、ただの「場違いな人」になってしまいますので注意したいものです。

スポンサーリンク

では、どんな服装がおすすめ?

友人・知人の「披露宴」なら、男性はブラックスーツに白いネクタイ、女性はワンピースが基本です。

格式高い雰囲気を出す場合は、男性なら黒いジャケットとストライプのズボンを合わせた「ディレクターズ・スーツ」、女性なら「小振袖」や「訪問着」などの着物がいいでしょう。

お気に入りのダークスーツがあるなら、もちろんそれを着てもかまいませんが、会社に出勤するときと同じ印象にならないように、シャツやカフス、ネクタイを工夫しておしゃれに着こなしたいものです。

また、女性は昼間のパーティーの場合、光モノのアクセサリーをつけたり、肌を露出した服装を避けるというのが基本です。

午後4時以降の披露宴なら、光る素材やきらきらのアクセサリーもOKですが、主役はあくまでも新郎新婦ですので、ゴージャスに飾りすぎて新婦よりも目立ってしまった、なんてことのないようにしてください。

スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ