【Windows】Googleプログラマーの遊び心:検索窓に隠しコマンドを入力すると何が起こる?


皆さんはネットで検索をする場合にどの検索サイトを使っていますか?

多くの方はGoogleのホームページから検索を行っているのではないでしょうか?

いまや一大IT企業となったGoogleには、多くの極めて優秀なプログラマーが全世界から集まっていることでも知られています。

そんなプログラマーが開発したいろいろなソフトに遊び心(隠しコマンドを入力すると何かが起こる)を仕込んでいることはほとんど知られていません。

今回はGoogleの検索窓を使ったプログラマーの遊び心の一部を紹介します。

スポンサーリンク

Googleの検索窓に隠しコマンドを入力すると何が起こるか、実際にやってみてください。

「へぇっ」と思うとともに、他の人への話のネタとして使えるのではないかと思います。

では、まずGoogleのホームページを開きます。

Googleのホームページはこちらをクリック

これから検索窓に入力する隠しコマンドの例をいくつか紹介していきます。

その1: 「Do a barrel roll」

検索窓に次のように「Do a barrel roll」と入力し、すぐ下にある「Google 検索」というボタンをクリックします。

Google検索窓に「Do a barrel roll」と入力し「Google 検索」ボタンをクリックするように表示している画像

すると何が起こるでしょうか?

画面がぐるっと一回転した後に検索結果が表示されたと思います。

ちなみに、「barrel roll」とは、戦闘機やアクロバット機が進行方向を変えずに横に一回転する飛行のことですが、これと同様に画面が一回転したのです。

その2: 「Askew」

では、最初のGoogle検索画面に戻り、「その1」と同様に、検索窓に「Askew」と入力し、「Google 検索」ボタンをクリックしてみましょう。

検索結果が少し傾いた形で表示されたと思います。

ちなみに、「askew」とは、「斜めに」とか「傾いて」という意味です。

スポンサーリンク

その3: 「Google gravity」

最初のGoogle検索画面に戻り、検索窓に「Google gravity」と入力し、今度は「Google 検索」ボタンの右側にある「I’m Feeling Lucky」ボタンをクリックしてみましょう。

すべての文字がガラガラと崩れ落ちたと思います。

ちなみに、「gravity」は「重力」という意味で、Googleが重力に耐えかねて崩れ落ちたというわけです。

その4: 「Google sphere」

最初のGoogle検索画面に戻り、検索窓に「Google sphere」と入力し、今度も「Google 検索」ボタンの右側にある「I’m Feeling Lucky」ボタンをクリックしてみましょう。

検索画面が球状になり、文字がぐるぐると回転します。

ちなみに、「sphere」は「球体」という意味です。

その5: 「Epic Google」

最初のGoogle検索画面に戻り、検索窓に「Epic Google」と入力し、今度も「Google 検索」ボタンの右側にある「I’m Feeling Lucky」ボタンをクリックしてみましょう。

検索窓と文字がしだいに長く拡大していきます。

ちなみに、「epic」は「長い物語的な詩」という意味です。


以上、Google 検索窓での隠しコマンドを5つばかり紹介しました。

楽しんでいただけたでしょうか?

これら以外にも隠しコマンドがありますので、別の機会さらに紹介したいと思います。

スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ