広さや大きさを示すのによく使われる「東京ドーム○個分」って、実際にはどれくらいなの?


「東京ディズニーランド」は「東京ドーム11個分」と聞いても、実際にどれくらいの広さなのかピンと来ないかもしれません。

広さや大きさを強調したい場合に、「東京ドーム○個分」という表現はよく使われ、面積や体積を表す単位としてすっかり定着した感もあります。

しかし、「東京ドーム」に行ったことがない人には実際の広さや大きさはよくわからず、漠然と想像するしかありません。

スポンサーリンク

「東京ドーム」の大きさや広さは?

東京ドームの内部画像
「東京ドーム」の大きさを示す内容積は、124万立方メートルです。

また、建築部分も含む総面積は4万6,755平方メートルで、グラウンド面積は1万3,000平方メートルです。

しかし、総面積は4万6,755平方メートルと聞いても、やはりピンと来ませんね。

これを単純化して正方形で考えてみると、一辺の長さが約216メートルの正方形となります。

これだと少しは理解しやすいでしょう。

スポンサーリンク

関西圏でいうと?

一方、大阪などの関西圏でよく引き合いに出されるのは梅田にある30階建ての「大阪マルビル」です。

こちらは内容積が16万2,000メートルと、「東京ドーム」の7分の1以下です。

「東京ドーム」に対し、関西圏で全国的に有名な球場は「甲子園球場」です。

観客席まで含めた総面積は3万9,600平方メートルで、グランド面積は1万4,700平方メートルです。

先ほどと同様に正方形で考えてみると、3万9,600平方メートルは一辺約199メートルの正方形となり、「東京ドーム」に比べ若干小さい程度となります。


以上で、「東京ドーム○個分」「甲子園球場○個分」といわれた場合に、少しはイメージがつかめるかと思います。

スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ