日本の伝統芸能である「能」と「狂言」の違いはなに?


誰もが見るエンターテインメントといえば、やはりテレビでしょう。

テレビには、ドラマやバラエティ、お笑い、音楽、スポーツ、ニュースなど様々な番組があります。

テレビが出現する前には、ラジオの時代がありました。

では、テレビやラジオがなかった時代、日本人はどんな娯楽を楽しんでいたのでしょうか?

代表的なものは、落語や漫才、歌舞伎や能、狂言などの舞台芸能でした。

このうち、「能」「狂言」は日本人にとってもなかなか区別がつきにくいものでしょう。

どのように違うのでしょうか?

スポンサーリンク

「能」と「狂言」の違いはなに?

テレビ番組にたとえると、「能」はシリアスドラマ「狂言」はお笑い番組といえます。

「能」は、人間の情念、深い心理などをテーマとして扱うものです。

役者は「能面」で顔を覆い、その「面」の動きや角度によって喜怒哀楽のすべてを表現します。

一方、「狂言」は、人間社会のおかしさを扱います。

役者が演じるのは、貴族や武士、一般の庶民などです。

身の回りによくいる人物たちであり、彼らのおかしな行動や言葉、動きなどで、観客を笑わせます。

「能」がシリアスな幽玄の世界を描くのに対し、「狂言」は日常的な暮らしの中にある笑いがテーマなのです。

これだけの違いがあるのに、この二つをしっかりと区別できる人は多くはないようです。

その理由は、もともとこの二つは同じ芸能だったからなのです。

スポンサーリンク

その源流は、平安時代に生まれたとされる「猿楽」です。

「猿楽」は、サーカスのような曲芸や手品、物まねなど多種多様な要素を含む芸能でした。

それが、シリアスな要素が「能」にお笑いの要素が「狂言」へと分かれていったのです。

しかし、芸能としては分離したものの、「能」「狂言」は一緒に上演されました。

観客は、シリアスな「能」を見た後に「狂言」を見て笑い転げ、再びシリアスな「能」を見ていました。

ちなみに、過去の日本で「能」「狂言」が人気を誇った要因に、鎌倉時代から室町時代にかけて盛り上がった「立ち合い能」がありました。

これは芸能一座がその演目を上演しあう勝負をしたのです。

「立ち合い能」で勝ち上がれば、一座の人気は上がります。

このような競い合いの上に「能」「狂言」は進化していったのです。

今のテレビでも、芸人たちがお互いの芸を見せて優劣を競う「お笑いバトル」的な番組が人気ですが、それは、今から700年も以前から行われていたわけです。


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ