「日本」の読み方、「ニッポン」と「ニホン」どちらが正しいの?


日本人は几帳面?

日本人は几帳面といわれています。

とりわけ人の名前に関しては、几帳面さが発揮されます。

たとえば、「たかはし」という名前を一つとっても「橋」「橋」など、また、「おおさわ」では「大」「大」のように、同じ発音でもいろいろな漢字があります。

そこで、メールや手紙を送るときには、名刺や名簿をを取り出して、正しい漢字かどうかをしっかり確認します。

ところが、そんな日本人でも意外なことにあまり気にしていないのが、自分の国の名前の読み方です。

スポンサーリンク

「日本」の読み方、「ニッポン」と「ニホン」どちらが正しいの?

国の名前を漢字で書くと「日本」となりますが、これを読むときには、人によって「ニッポン」だったり「ニホン」だったりします。

日本地図を背景に「日本」の読み方、「ニッポン」と「ニホン」どちらが正しいのかとの疑問を示すイラスト画像

「どちらが正しいの?」と外国人に聞かれたらなんと答えればいいのでしょうか?

その答えは「どちらも正しい」なのです。

現在の日本政府の見解も、「どちらの読み方でもよい」というものです。

そこで、歴史をさかのぼってみて、どちらの読み方が「古いのか」をみていきましょう。

スポンサーリンク

ここで注目したいのは、「はひふへほ」「パピプペポ」の歴史、すなわち発音の歴史です。

じつは、「はひふへほ」の音は、これまでの歴史の中で変化を繰り返しています。

現在は「ハヒフヘホ」「H」で始まる音で発音していますが、戦国時代は「ファフィフフェフォ」のように「F」で始まる音であったと考えられています。

当時、日本を訪れていたポルトガル人が残した日葡(にっぽ)辞書(日本語とポルトガル語の辞書)には、「日本」について「ニフォン」「ニッポン」「ジッポン」の3つの記載があります。

さらに、時代をさかのぼると、「パピプペポ」のように「P」で始まる音として発音していたと考えられています。

そして、単語の途中に「P」音があると、その前に「ッ」が挿入されます。

つまり、昔は「日本」と書いて「ニポン」ではなく「ニッポン」と読んでいたわけです。

そうなると、より古い「日本」の呼び方は、「ニッポン」、その後「ニフォン」になって、さらに「ニホン」となったといえるかもしれません。


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ