日本の「首都」は本当に「東京」なの?


「玉虫色」とは?

「玉虫」という昆虫は、光が差す角度によって色が違って見えます。

緑っぽく見えることもあれば、紫色に見えることもあります。

このことから、はっきりしない曖昧なことを「玉虫色」と呼ぶようになりました。

この「玉虫色」は、日本人の得意技でもあります。

スポンサーリンク

日本では、議論に長い時間をかけたわりには、はっきりとした結論が出ないことがしばしばあります。

明確に結論を出すと、どちらかに利が生まれ、どちらかに不利が生まれることもあります。

それをごまかすために「玉虫色の結論」を出します。

曖昧なままでも、何とかなってしまうのがいかにも日本らしいです。

ところが、この「玉虫色の結論」は、とんでもないところでも使われていました。

なんと日本には正式な「首都」もないし、「国家元首」もいません。

日本の「首都」は本当に「東京」なの?

「首都」は事実上「東京」とされていますが、驚くことに「首都」をどこに置くかを定めた法律はないのです。

明確に「首都」が指定されたのは、794年の桓武天皇による平安京遷都が最後という解釈もあります。

平安京に都があった平安時代のあとは、鎌倉幕府、足利幕府、江戸幕府と政治の中心は移り変わったものの、「首都」を定めずに現代まできていると考えられています。

「国家元首」はだれ?

「国家元首」は、アメリカなら「大統領」、スペインでは「国王」です。

しかし、日本では、天皇は「象徴」総理大臣は「行政府の首長」と定義されています。

どちらが「国家元首」かを法律で定めてはいないのです。

「玉虫色」なのは、「首都」「国家元首」だけではありません。

スポンサーリンク

「国技」、「国花」も「玉虫色」?

「国技」相撲と思われていますが、じつはそれを定めた法律もありません。

「国花」は、菊や桜と思われていますが、これも法律上定められていません。

日の丸である「国旗」、君が代である「国歌」に関しては、1999年に施行した国旗国歌法でやっと定められたほどです。


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ