「イギリス」の語源は「イングランド」ではなかった?


日本のことを英語では「ジャパン」と呼ぶのはなぜ?

日本のことを英語では「ジャパン」と呼びます。

ドイツ語では「ヤーパン」スペイン語では「ハポン」イタリア語では「ジャポーネ」です。

これらの呼び方は、元の時代の中国に滞在したイタリア人「マルコポーロ」が記した「東方見聞録」がもとになっています。

その本の中で、日本を「黄金の国ジパング」として紹介しているからです。

それが、ヨーロッパの各国に広まり、「ジャパン」「ヤーパン」「ハポン」などと呼ばれるようになりました。

同じようなことが、日本人が使う世界各国の国名にもあります。

例えば、「イギリス」です。

スポンサーリンク

「イギリス」の語源は「イングランド」ではなかった?

現在の正式な国名は「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」です。

英語で表記すると「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」であって、どう聞き間違っても「イギリス」とはなりません。

「イギリス」は、「イングランド」「ウェールズ」「スコットランド」「北アイルランド」が連合した国です。

「イングランド」が訛って「イギリス」になった」という人もいますが、もちろんそうではありません。

それでは、なぜ「イギリス」なのでしょうか?

それは、「ポルトガル語」に由来するとされています。

日本に鉄砲が伝来した1543年以降、日本にははポルトガル人宣教師が訪れるようになり、同時にヨーロッパの情報ももたらされました。

ポルトガル人が発音する「エングレス」から「イギリス」という呼び名が定着するようになったとされています。

イギリス地図の画像

スポンサーリンク

ポルトガル語を語源とする言葉にはどんなものがあるの?

じつは、「オランダ」も、「ポルトガル語」「ホランダ」から来ています。

なお、「ポルトガル語」を語源とする言葉は他にもあります。

例えば、「カステラ」「ブランコ」「ボタン」「タバコ」「天ぷら」などがあります。

どれももともとは「ポルトガル語」なのです。

ちなみに、子供などを背負うことを「おんぶ」といいますが、これは「ポルトガル語」の「肩」に由来するという説もあります。

スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ