お正月のお屠蘇(おとそ)は、子供から飲むしきたりなのを知っていましたか?


お正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、正しくは「屠蘇散」といって、何種類もの薬草を混ぜ合わせたものを酒やみりんに浸してつくります。

もともとは中国の風習で、屠蘇散は三国時代の名医である華佗(かだ)が考え出したといわれています。

防風(ぼうふう)、山椒(さんしょう)、桔梗(ききょう)、陳皮(ちんぴ)、肉桂皮(にっけいひ)、オケラなどを調合した、いわば漢方薬のようなものです。

昔の人は、これを年始に飲んで、一年の健康を祈り、邪気を払おうとしたのです。

日本では、大晦日の晩に屠蘇袋という赤い絹の袋に屠蘇散を入れ、井戸の内側に吊るしておき、元旦に取り出して酒やみりんに浸してつくるのが長い間のしきたりでした。

そして、家族そろって東の方を向き、子供⇒大人⇒老人の順で飲む。

なぜこのような順番で飲むのかというと、若者のパワーを年長者に譲り渡すという意味合いがあったのです。

スポンサーリンク

今では生活様式も変わり、もうこのような厳密なしきたりも薄れてきていると思いますが、お屠蘇を飲む風習は残っています。

飲みすぎや食べすぎで胃に負担のかかりやすい年末・年始の時期に漢方を飲むという風習は、意外と理にかなったものだったのです。

お屠蘇は子供から年長者の順に飲むしきたりというのは知りませんでしたね。


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ