「そば」を「ズルズル!」と音を立てて食べていいのはなぜ?


日本人と外国人では音に対する感覚が違う?

秋の夜長の風物詩といえば、鈴虫やまつ虫の鳴き声ですね。

日本人はこれを風流と感じますが、欧米人にはただの「雑音」に聞こえるそうです。

そもそも「昆虫を買う」ことを気味悪がる人も多いようです。

音に対する感覚の違いは他にもあり、たとえばお寺などの鐘の音。

欧米でも教会などで鐘を鳴らしますが、お寺では「ゴーン」とついたあと、その余韻を十分に感じたあとに次をつきますが、欧米では連続的に「カラン、カラン」とと鳴らすことが多いようです。

このように、音についての感じ方は、外国人と日本人ではいろいろと違うのです。

スポンサーリンク

食事をするときに立てる音の「寛容度」にも欧米と日本では大きな差があります。

もともと、ナイフ、フォーク、スプーンを使用する欧米の料理は、お皿と触れることによる音がしやすいものです。

だからこそ、音には敏感なのです。

スープを音もたてずに飲むのが正しいマナーとされています。

「そば」を「ズルズル!」と音を立てて食べていいのはなぜ?

もちろん、日本料理でも、食器の音を立てない、クチャクチャと咀嚼する音を立てないなどは、基本的なマナーです。

ただし、「そば」をすするときだけは、「ズルズルッ」と音を立てても良いとされています。

落語家が、扇子を箸に見立てて「そば」をすする仕草を見てわかるように、むしろ音を立ててすするのが江戸っ子の粋でもあるのです。

でも、なぜでしょうか?

スポンサーリンク

そもそも、「そば」の醍醐味は「香り」「喉越し」です。

それらを楽しめるような食べ方が正解といえます。

「もりそば」「ざるそば」をつけ汁につけるとき、「そば」の三分の一程度をつけて食べるという作法があります。

これはするにどっぷりと浸してしまうと「そば」の香りがわからなくなってしまうという理由からなのです。

とはいえ、「そば」は縮れていない真っ直ぐな麺なので、つけ汁が絡みにくいです。

のんびりすすっていたら、汁の味がしなくなってしまいます。

勢いよくすすれば、適量の汁を「そば」と一緒に口に入れることができるというわけです。

また、すすることで空気も一緒に口の中に入り、それが鼻に抜けるときに「そば」の香りを感じることができます。

音を立ててすするのには、「そば」を美味しく食べるためという理由があるのです。


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ