「三つ指をついたあいさつ」の「三つ指」ってどの指?


「三つ指をついてあいさつする」という光景は、現代社会ではほとんど見られなくなりましたが、時代劇や古い時代の映画やドラマでたまに見かけますね。

「三つ指」をついた着物姿の若い女性のイラスト画像

ところで、この「三つ指」とはどの指をさしているのか、ご存知ですか?

スポンサーリンク

武士がまだ幅を利かせていた時代には、武家社会では「親指」・「薬指」・「小指」をつくのが「三つ指」とされていました。

これは、「人差し指」「中指」を浮かせることで、頭を下げているときに後方から襲撃されてもとっさに刀を取ることができたからといわれています。

しかし、これを実際にやるのは難しいので、いつのまにか「親指」・「人差し指」・「中指」の三本をつくようになり、これが「三つ指」となったのです。

今の世でも、「三つ指」をついたあいさつをされてみたいものですね。

スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ