二枚目は「イケメン」、三枚目は「道化役」。では、一枚目はなに?


「イケメン」とは?

以前には、二枚目は「いい男、ハンサム、美男子」などといわれていましたが、最近の言葉でいえば「イケメン」なのでしょう。

「イケメン」とはルックスのいい男子のことですね。

つい最近の言葉と思われがちですが、なんと1999年に当時のギャル系雑誌で、「イケてるメンズ」という言葉を使ったのが最初だといわれています。

「イケメン」という言葉すら15年以上も前からの言葉となると、同じ意味の「ハンサム」「美男子」などは、すでに死語となっているのでしょう。

江戸時代から使われてきた「二枚目」という言葉を聞いて、ピンと来る人は世代にもよるでしょうが、すでに少ないかもしれませんね。

スポンサーリンク

「二枚目」とは?

日本では、古くから色男のことを「二枚目」と呼んできました。

なぜ、「二枚目」と呼ぶのだろうか、枚数で数えるのはどうしてだろうかという疑問が浮かんできます。

その理由は、歌舞伎役者の看板の並び順に由来しています。

芝居が始まる前から劇場の入り口に、出演する役者の看板が並べられましたが、この順番が重要だったのです。

人気はあるが主役とは限らない役者、芝居の中で色恋をうまく演じる色男役者の看板が「二番目」に並べられたのです。

だから、彼らを「二枚目」と呼んだのです。

「三枚目」とは?

「三番目」に並ぶのが、物語を賑やかに盛り上げる道化役です。

芝居は、かっこいい役者だけでは成り立ちません。

ストーリーに緩急をつけるためにも、笑いも必要です。

芝居の上では、道化役も極めて重要な役回りなのです。

だから、看板の「三枚目」道化役が並びました。

スポンサーリンク

では、「一枚目」とは誰のこと?

さて、色男や道化役よりも先に並べられる「一枚目」は、誰なのでしょうか?

当然、物語を作る上でもっとも重要な主役が最初に来ます。

ちなみに、看板は八枚並べられ、最後の八枚目には一座の座長が並べられました。

テレビやインターネットもない時代、劇場前に並べられる看板は、極めて重要な宣伝材料だったのです。

演目と看板の並び順で、どの役を誰が演じるかが、観客にはある程度想像がついたのです。

そういえば、「二枚目」や「三枚目」という言葉は今でも使われていますが、「一枚目」という言葉は聞きませんね。

じつは、「一枚目」「一枚看板」という言い方で残っているのです。

スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ