「土用の丑の日」に「うなぎ」を食べるようになったのはなぜ?


「バレンタインデーにチョコレート」の由来?

バレンタインデーはキリスト教におけるイベントの一つで、海外では男女が愛を誓う日とされています。

ところが日本では、女性が男性にチョコレートを贈って愛を告げる日と、イベントの意味が変わっています。

なぜ日本にはそのような形で広まったのでしょうか?

じつは、お菓子メーカーのモロゾフが1936年に、外国人向けの英字新聞に「バレンタインデー用チョコレート」の広告を出したことが始まりとされています。

その後、お菓子メーカー各社が、「2月14日にはチョコレートを贈り愛の告白を!」とキャンペーンを展開したのが定着したのです。

スポンサーリンク

「土用の丑の日」に「うなぎ」を食べるようになったのはなぜ?

じつは、この手の販売促進キャンペーンは江戸時代にもありました。

それが、「土用の丑の日にうなぎを食べよう!」というものでした。

「土用の丑の日」で有名な「うなぎ」料理の数々を示したイラスト画像

「土用」というのは期間で、春夏秋冬にそれぞれ1回、18日ずつ巡ってきます。

その間に来る「丑の日」「土用の丑の日」となります。

スポンサーリンク

そもそも「うなぎ」がおいしく食べられる旬は、秋から冬の時期です。

そのため、夏は「うなぎ」を食べる人が少なかったのです。

なんとか夏に「うなぎ」を食べさせる方法はないかと、うなぎ屋を営む知人から相談を受けた平賀源内が、「本日は土用の丑の日」というキャッチコピーを考えて、うなぎ屋に掲げたところ大繁盛しました。

そこから、「土用の丑の日」に「うなぎ」を食べるという風習が生まれたとされています。

もともと「土用の丑の日」には、うさぎ、うどん、うり、梅干しなど、名前に「う」のつくものを食べる風習があったのです。

そこで平賀源内は、名前に「う」のつくものとして「うなぎ」をアピールした作戦を思い付いたわけです。

なお、平賀源内は、西洋から伝わってきた壊れたエレキテル(静電気を発生させる機械)を修理したり、お芝居の台本を書いたり、源内焼という焼き物を考案したり、油絵を描いたりという、非常に幅広い分野で才能を発揮した人物でした。

この「うなぎ」の例は、日本初の「広告コピー」ともされています。

スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ