世界で一番「ビッグマック」の値段が安い国、高い国はどこ?


マクドナルドのハンバーガーは、どこの国で買って食べても同じ味です。

しかし、その価格まで世界共通というわけではありません。

そこには日本と同じように原材料費や同業他社との競争など、その国それぞれの事情があります。

スポンサーリンク

世界で一番「ビッグマック」の値段が安い国はどこ?

マクドナルドのビッグマックの画像

では、どの国で食べると最も安くマクドナルドのハンバーガーを食べられるのでしょうか?

英国の経済紙「エコノミスト」が2018年1月に発表した最新の2017年データによると、それは「ウクライナ」です。

「ビッグマック」「日本」での価格は390円ですが、「ウクライナ」では181円で買うことができます。

ちなみに、安い順に5か国を並べると、

No.国名価格(円)
1ウクライナ181
2エジプト214
3マレーシア252
4ロシア254
5台湾259

世界で一番「ビッグマック」の値段が高い国はどこ?

それとは正反対に一番高いのは「スイス」で、749円もしています。

この値段では買う前にちょっと躊躇してしまいそうです。

ちなみに、高い順に5か国を並べると、

No.国名価格(円)
1スイス749
2ノルウェー691
3スウェーデン678
4フィンランド618
5アメリカ585

スポンサーリンク

「ビッグマック指数」とは?

英国の経済紙「エコノミスト」では、マクドナルドが世界中で均一な商品を現地生産していることに注目し、販売価格とともに各国の「ビッグマック指数」を毎年発表しています。

これは「アメリカ」を基準にして、それより何パーセント高いか安いかを表したもので、これを使いそれぞれの国の物価や通貨レートを評価するのです。


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ