「ごはん」と「ライス」は同じ? 違う?


日本の「カレーライス」、「ラーメン」は日本独自?

カレーライスはインド発祥、ラーメンは中国発祥の料理です。

ところが、日本のカレーライスもラーメンも独自に発展したために、インドや中国の料理とは別物になってしまいました。

とりわけ日本のラーメンは、札幌ラーメンや喜多方ラーメン、尾道ラーメン、博多ラーメンなど地域ごとに名物化しています。

インドに行っても日本風のカレーライスは出てきませんし、中国にいたっては「日本式ラーメン」として逆輸入されています。

スポンサーリンク

「ごはん」と「ライス」は同じ? 違う?

ところで、このカレーライスなどの「ライス」ですが、「ごはん」と同じものなのでしょうか?

同じものと思っている人が多いかと思いますが、「ごはん」と「ライス」は異なるものなのです。

料理業界ではその違いは明白です。

多くの人は「「ごはん」を英語でいうと「ライス」」、あるいは「お茶碗に盛ると「ごはん」、お皿に盛ると「ライス」」と思っていますが、それも誤解なのです。

じつは、調理方法が異なるのです。

「ごはん」はお米を炊いたものです。

最近は電子ジャーで簡単に炊けるようになりましたが、本来は、水でといだお米を、水と一緒に釜に入れて火にかけ炊き上げます。

スポンサーリンク

一方、「ライス」は、炊く途中で一度水を捨てます。

そのあと改めて水を入れて炊くのです。

そのため、「ごはん」よりも粘り気が出なくなります。

洋食にあった食感と味になるというわけです。

欧米では、お米を炊く途中で水を捨てて「ライス」として調理する家庭も多いといいます。

日本では、伝統的な「ごはん」の炊き方をするのが一般的です。

もっとも、実際には、カレーライスに「ごはん」を使う料理店もあるように、どこまで厳密に区別されているかは、明らかではありません。


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ