「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いってなに? 「カプチーノ」って?


カフェラテに描かれた「ラテアート」の画像

昔風のコーヒーショップ(いや、喫茶店といった方がピンとくるかもしれません)では、コーヒーのメニューといえば、ブルーマウンテン、キリマンジャロ、モカ、ブレンドなどコーヒー豆の種類で表示されていましたよね。

しかし、スターバックスを初めとする米国生まれのコーヒーショップが日本に登場して以来、コーヒーのメニューも名前がすっかり変わってしまい、なにがどう違うの?と迷ってしまいます。

その中でもポピュラーなメニューなのが、「カフェオレ」「カフェラテ」、名前も見た目もよく似ていますが、どこがどう違うのでしょうか?

スポンサーリンク

言葉が違うだけ?

「カフェオレ」は、フランス語で”Café au Lait”、カフェ(Café)=コーヒー、レ(Lait)=ミルク(牛乳)を意味します。

一方の「カフェラテ」は、イタリア語で”Caffè Latte”、カフェ(Caffè)=コーヒー、ラテ(Latte)=ミルク(牛乳)を意味します。

原語がフランス語とイタリア語と違うわけですが、意味するところは両者ともに「コーヒー+ミルク」、すなわち「ミルク入りコーヒー」です。

どちらも同じように、コーヒーとミルクを使っているわけですが、風味が全然違いますよね。

どうしてなのでしょうか?

コーヒーの違い?

実は元になっているコーヒーの中身が違うのです。

「カフェオレ」は普通のドリップ方式によるコーヒーを使い、「カフェラテ」「エスプレッソ」というコーヒーを使います。

では、「カフェラテ」の元になっている「エスプレッソ」とはどのようなコーヒーでしょうか?

「エスプレッソ」って?

「エスプレッソ」は、イタリアで一般的に飲まれているコーヒーです。

普通のドリップ方式とは異なり、深煎りで微細に挽いたコーヒー豆を使用し、圧力をかけ短時間にコーヒーを抽出するエスプレッソマシンを使用します。

この抽出方式の違いで、「エスプレッソ」は通常のコーヒーに比べ、濃い味、すなわちコクがあり、苦味も甘味も多くあります。

しかし、含まれているカフェインは抽出時間が短いこともあり、ドリップ方式よりも少ないとされています。

尚、「エスプレッソ」が単体で出される場合は、通常のコーヒーカップの半分程度の小ぶりのカップに入れて出されます。

「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いのまとめ

  • 「カフェオレ」はフランス語、「カフェラテ」はイタリア語と語源は異なるものの、意味するところは両者とも「ミルク(牛乳)入りコーヒー」であり同じ。
  • 「カフェオレ」は普通のドリップ方式によるコーヒーを使い、「カフェラテ」は特殊な抽出方式による「エスプレッソ」というコーヒーを使用。
  • 使用するコーヒーの違いにより両者の風味は異なり、「カフェラテ」「カフェオレ」に比べ、コクがあり、苦味も甘味もある。

あなたは、「カフェオレ」「カフェラテ」のどちらがお好みですか?

そういえば、コーヒーのメニューに「カプチーノ」とか「カフェモカ」というものもありますね。

これらについても、知っておきましょう!

スポンサーリンク

「カプチーノ」って?

「カプチーノ」も、「カフェラテ」のように、イタリアで一般的なコーヒーの飲み方です。

コーヒーカップに注いだ「エスプレッソ」に、クリーム状に泡立てたミルクを加えたものをいいます。

コーヒーショップで通常出される「カプチーノ」には、スチームドミルク(蒸気で温められたミルク)とフォームドミルク(蒸気で泡立てられたミルク)の両方が使用されています。

また、チョコレートパウダーで風味付けされているのが普通でしょう。

尚、先の「カフェラテ」では、「カプチーノ」と異なり、スチームドミルクのみが使用されます。

さて、次は「カフェモカ」です。

「カフェモカ」って?

「カフェモカ」は、「エスプレッソ」にチョコレートシロップ、スチームドミルクを混ぜたコーヒーです。

甘くマイルドな飲み口から、若い女性に特に人気が高いようです。

名前からすると、イタリアでのコーヒーの飲み方の一種かと思われがちですが、実は米国生まれです。

また、名前に「モカ」とはあるものの、コーヒー豆の「モカ」を使っているわけではありません。

チョコレートを入れることでコーヒー豆の「モカ」のカカオ風味に似せているということで、名付けられたものです。

最後に!

これまでの説明で、「カフェオレ」「カフェラテ」
「エスプレッソ」「カプチーノ」「カフェモカ」の概要を知っていただけたと思います。

これらの知識を元に、コーヒーショップで様々な味のコーヒーをお楽しみ下さい!


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ