「握り寿司」は手で食べる? それとも箸で?


寿司屋へ行き、つまみを食べているときはを使うのが当たり前ですが、さて「握り寿司」になると手でつまむのか、箸を使うべきなのか悩んでしまうことがあります。
食欲をそそる「握り寿司」の画像

で食べた方が粋な気もしますし、を使った方が品がいい気もします。

「握り寿司」は手で食べる? それとも箸で?

正解はどちらでもよいなのです。

もともと「握り寿司」で食べるものでした。

だから、を使ってもマナー違反にはならないのです。

スポンサーリンク

寿司屋で大きなおしぼりが出されたり、途中で変えたりしてくれるのは、「どうぞで食べて、が汚れたらこれで拭いて下さい」ということなのです。

たしかに、「握り寿司」では扱いにくい代物です。

シャリの握り具合も固からず柔らかすぎず、絶妙なあんばいになっています。

これをでぎゅっとつかむと、シャリがつぶれたり、割れてしまうこともあります。

そこで、でそっとつまんで口に入れれば、そんな心配はないはずです。

とはいえ、を使っても一向に差支えはありません。

どちらでも、自分が食べやすい方を選べばいいわけです。

ただし、寿司のお供であるガリまで手づかみで食べるのはよくありません。

ガリを使って食べるべきです。

スポンサーリンク

醤油はネタにだけつける?

また、醤油をつけるのはネタだけにします。

こういう時にを使うと便利なのですが、を使う時は要注意です。

上手にシャリネタをつまんでネタの方にだけ醤油をつけるようにします。

これが難しいからといって、ネタだけはがして醤油につけるのはタブーです。

シャリネタが一体となってこその「握り寿司」なので、これをバラバラにしてしまっては、寿司職人にも失礼になります。

たとえ回転寿司屋でもそれは同じことです。

スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ