お宮参りは神社で、お葬式はお寺、クリスマスは・・・ なぜ日本人は宗教をあまり気にしない?


結婚式は「教会」、お宮参りは「神社」、お葬式は「お寺」、・・・?

結婚式は「教会」で行い、子供が生まれたら「神社」にお宮参り、そして死んだら「お寺」でお葬式

結婚式は「教会」のイラスト画像
お宮参りは「神社」のイラスト画像
お葬式は「お寺」のイラスト画像

外国人が聞いたら、どの宗教を信じているのですか?と首をひねるかもしれませんね。

しかし、日本人にとっては、当たり前のことです。

なぜなのでしょうか?

日本人は昔から、外国の文化を受け入れて、日本人向けにアレンジするのがうまかったといえます。

宗教行事もそれと同じと考えてもいいでしょう。

スポンサーリンク

なぜ日本人は宗教をあまり気にしない?

たとえば、「クリスマス」

クリスチャンでない人もケーキを買ってツリーを飾り、プレゼントを交換します。

これらは欧米の習慣にならったと思いがちですが、生クリームやイチゴでデコレーションされたケーキやチキンを食べるのが定番なのは、日本だけといわれています。

12月25日ではなく、24日の「クリスマスイブ」が「本番」のごとく盛り上がるのも、日本ならではないでしょうか?

恋人とデートする日と思い込んでいる向きも多いかもしれませんが、欧米では家族で過ごすのが主流です。

このように、本来は宗教行事であっても、日本流にアレンジされていく過程で宗教色がどんどんなくなり、宗教とは関係のない「イベント」として独自の変化を遂げてきた例は多いものです。

「バレンタインデー」にチョコレートを贈る習慣も、「ハロウィン」の仮装も同様です。

商業主義と批判される場合もありますが、宗教や他国の文化に寛容な国民性と考えることもできるでしょう。

スポンサーリンク

また、もともと日本人が宗教をあまり気にしないこともあるでしょう。

日本は仏教国といわれることもありますが、そもそも日本人は昔から「お寺」「神社」も混同して考えてしまう傾向がありました。

節分の豆まきは「お寺」でも「神社」でも行われますし、初詣も「神社」以外に成田山新勝寺や川崎大師などの「お寺」が毎年多くの参拝客を集めています。

「神社」だけにお参りに行くわけではないのです。

それに、日本には「八百万(やおろず)の神々」もいますしね。

日本人にとっては、豆をまいて災いを払ったり、年の初めに希望や夢がかなうようにお参りしたりする行為、すなわち「イベントを楽しむこと」が大切であって、宗教が大事なのではないように思えてきます。


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ