「いつもお世話になっております」は初対面の人にも言うの?


ビジネスシーンでよく使われる慣用句の筆頭に、「いつもお世話になっております」という言い回しがあります。

「いつも・・・」とつくからには、顔見知りの人や以前から知っている人に対して使うものと思ってしまいますが、ビジネスシーンで使う場合にはそうとは言い切れません。

スポンサーリンク

「いつもお世話になっております」は初対面の人にも言うの?

たとえば、得意先を訪問して受付で来訪を告げたとしましょう。

受付にいる人とは初対面であっても、相手からは必ずといってもいいほど「いつもお世話になっております」という言葉が返ってくるものです。

そんな時に、「いつもっていっても、会ったのは今日が初めてなんだけど・・・」などとあまのじゃくな考え方をするのはやめたいものです。

電話をかけた場合でも同様なことがいえます。

電話口に出た人とは知らない者同士であっても、受けた人にとってみれば、かけてきた相手は社内の人間が世話になっているか、もしくは会社にとって重要な客だと思っているかもしれません。

初めての相手であっても会社にとっても自分にとっても大切な人、という意味合いで使われているのです。

つまり、「いつもお世話になっております」という慣用句は、相手に対する感謝の気持ちの表れだということができます。

たとえ初対面であっても、会社を訪問してきた人を尊重し丁寧に扱っているという態度を相手に伝えるのが目的でもあるのです。

スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ