「風習・慣習」の記事一覧(2 / 4ページ)

言葉の頭に「お」をつけただけでは「尊敬語」にはならないの?

相手のすることや持ち物、ある状態などに対して尊敬の意を表すのが「尊敬語」です。 でも言葉の頭に「お」をつけるだけで「尊敬語」になるわけではありません。 スポンサーリンク 「動詞」の「尊敬語」の例は? たとえば「食べる」は・・・

「暑中見舞い」と「残暑見舞い」、どちらをいつ出せばいいの?

最近は、携帯電話やスマートフォン、パソコンでのメールが中心になってしまい、手紙を書く機会はかなり少なくなってしまいました。 「年賀状」は毎年恒例の行事だとしても、それ以外にはほとんど手紙を出さないという人も増えているでし・・・

本来「七夕」を祝うのは7月7日の夜じゃないって本当なの? 「七夕」の由来は?

昔から、「七夕」近くになると人々は特別な気持ちになって短冊に願いごとを書いたり、笹の葉に紙細工を吊るすなどして、いろいろと準備をしていたことが、残されている短歌や俳句、日記などからうかがえます。 今では駅の構内や公共施設・・・

世界でも珍しい「戸籍制度」が日本にあるのはなぜ?

外国映画を観ていると、警察官が一般市民に「身分を証明するものは?」と、何らかの身分証明書の提示を求める場面がよくあります。 ところが、同じ身分証明に関することでも「戸籍」が話題になることはまずありません。 「結婚して、夫・・・

「結婚式の披露宴」にはどんな服装で出席すれば失礼がないの?

格式高いホテルなどでの「結婚式の披露宴」に招待されたら、やはり「それなりの服装で行かなくては・・・」というプレッシャーを感じてしまいます。 「モーニング」や「タキシード」、「黒留袖」はいいの? だからといって「モーニング・・・

日本に「お花見」の習慣があるのはなぜ?

日本の春の風物詩といえば「お花見」ですね。 「桜」の名所といわれる場所は、どこでも青空宴会場に変わってしまうほど、みんなこぞって「桜」の木の下に集います。 「お花見」といえばどうして「桜」なの? この「お花見」、花は限定・・・

明治、大正、昭和、平成・・・、日本に「元号」があるのはなぜ?

「私はぎりぎり昭和生まれで、平成ではありません」ということを外国人に伝えても、通じないのは当然です。 なぜなら、「元号」は日本でしか使っていないからです。 日本では、「昭和ひとケタ生まれ」、「大正ロマン」などと、「元号」・・・

「いつもお世話になっております」は初対面の人にも言うの?

ビジネスシーンでよく使われる慣用句の筆頭に、「いつもお世話になっております」という言い回しがあります。 「いつも・・・」とつくからには、顔見知りの人や以前から知っている人に対して使うものと思ってしまいますが、ビジネスシー・・・

出欠を伝える招待状の返事の正しい書き方とは?

結婚式、パーティー、同窓会、会合などと、何らかの集まりがあるときには、幹事や主催者から「招待状」が届きます。 このときに、単に「御出席」、「御欠席」の欄を丸で囲んで返信してはいないでしょうか? たしかに、こちらの出欠が伝・・・

「雛人形」をいつまでも飾っておくと嫁に行き遅れるって本当?

やはり、いつの時代にも女性にとって結婚は重大な関心事なのか、「3月3日を過ぎても「雛人形」を出しっぱなしにしておくと嫁に行き遅れる」という言い伝えは、若い女性の間にも浸透しているようです。 「雛人形」をいつまでも飾ってお・・・

日本人がよくお辞儀をするのはなぜ?

「お辞儀」とは? 「お辞儀」は、腰を曲げて上半身を前方に傾け、頭の位置を下げる動作です。 日本人は、どんなときに「お辞儀」をするのでしょうか? 挨拶をするとき、知り合いとすれ違ったとき、別れるとき、お礼を言うとき、謝罪を・・・

料理屋などの隅に置かれている「盛り塩」の由来、意味はなに?

飲食店やブティックなどの店舗が成功する秘訣の一つに、「リピーター」の獲得があります。 「リピーター」とは、その店舗の商品や接客などのサービスを気に入って、繰り返し定期的に来店する客のことです。 「リピーター」が増えていく・・・

日本人の一人ひとりが「My箸」を持っているのはなぜ?

東京は世界各国の料理を味わうことのできる街です。 フレンチやイタリアン、中華、タイ、ベトナム料理などのアジア料理、アフリカ料理さえも楽しめます。 料理を食べるときに主に使うのはナイフとフォーク、それとも「箸(はし)」? ・・・

「狛犬」と「獅子」と「シーサー」、もともとは同じもの?

日本人は妖怪が好きというか、子供の頃から慣れ親しんでいるといえます。 皆さんはどんな妖怪をご存知でしょうか? 妖怪といっても、怖いものから、愛嬌のあるものなど、色々なものがあります。 アニメの「ゲゲゲの鬼太郎」にも多くの・・・

「こんにちは」って、そもそもどういう意味?

「挨拶」の由来は? 誰かとばったり出会ったときに、名前を思い出せずにバツの悪い思いをしたことはあるでしょう。 そんなときに便利なのが「挨拶」です。 とりあえず、「挨拶」の言葉を口にして、「また、今度、ゆっくり話でも」など・・・

神社の「鳥居」が「赤い」のはなぜ?

長らく続いているスピリチュアルブーム。 特に若い女性の間で、神社やお寺などを巡って恋愛成就を祈願したり、開運のお守りをなどを買ったりするのが流行っています。 日本古来の神様を祀っている神社にあるのが「鳥居」です。 スポン・・・

寺なのに「高野山」「三千院」など「山」や「院」で呼ぶのはなぜ?

日本の「山岳仏教」とは? インドで生まれた「仏教」は各国に伝わり、それぞれの国で信仰や文化の影響を受けながら取り入れられていきました。 日本の「山岳仏教」もその一つです。 日本にもともとあった「山岳信仰」と「仏教」が融合・・・

「北枕」は縁起が悪いといわれているのはなぜ?

睡眠時間の短いことで歴史上有名なのはナポレオンで、一日3時間しか寝なかったといわれています。 ワーカホリックだったといわれている発明王エジソンは、毎日4時間だけだったそうです。 偉業を遂げた人にはショートスリーパーが多い・・・

女性の洋服は「左前」なのに、和服になると「右前」になるのはなぜ?

平安時代の貴族の女性は、「十二単(じゅうにひとえ)」という、着物を何枚も重ねて着用し、季節やTPOに合わせて、重ねる着物の色をコーディネートしていました。 「十二単」といいますが、必ずしも12枚と決まっていたわけではあり・・・

お見舞いに贈ることが多い「千羽鶴」、どんな意味があるの?

折り紙の由来は? 11月11日は何の日でしょうか? 1が4つ並ぶことから正方形の折り紙を表すとして、1980年にこの日が「おりがみの日」として制定されています。 さて、日本人なら子供の頃に折り紙をして遊んだことがあるでし・・・



このページの先頭へ