「風習・慣習」の記事一覧(3 / 4ページ)

神社でも「大社」、「神宮」、「神社」と呼び方が違うのはなぜ?

「出雲大社」、「明治神宮」、「厳島神社」、どれも有名な神社で、毎年多くの参拝者が訪れています。 しかし、不思議に思うことがあります。 いずれも神社なのに、呼び方は「大社」、「神宮」、「神社」と異なっています。 これらには・・・

「鬼」の姿が「虎のパンツ」に「牛の角」になったのはなぜ?

日本でサンタクロースといえば、赤い服に白いひげのイメージですが、これはどうやらアメリカの影響のようです。 イギリスでは、サンタクロースを「ファーザークリスマス」と呼び、服も緑色だといいます。 このように、名前を聞いただけ・・・

相撲力士の名前を「しこ名」というのはなぜ?

「姫星」、「希空」、「緑輝」・・・、これらの漢字を読めるでしょうか? これらはどれも人の名前で、今はやりのキラキラネームです。 それぞれ、「きてぃ」、「のあ」、「さふぁいあ」と読むのだそうです。 こんなふうに漫画やアニメ・・・

神社の参道に、小さな丸い石が敷き詰められているのはなぜ?

日本人の足元から聞こえる音に対する感性とは? 波打ち際を素足で歩いたら、キュッキュッと砂の音がしますが、これを砂が鳴くといったりします。 いわゆる鳴き砂の海岸で、日本には150ヵ所から200ヵ所もあるといいます。 鳴き砂・・・

「だるま」の目、右と左どちらから先に入れるのが正しいの?

何かしらの心配ごとや困りごとがあったとき、多くの日本人は神様や仏様にお願いをします。 この「願掛け」は古くからの日本の風習です。 様々な「願掛け」グッズがありますが、伝統的なものといえば「だるま」です。 スポンサーリンク・・・

「土用の丑の日」に「うなぎ」を食べるようになったのはなぜ?

「バレンタインデーにチョコレート」の由来? バレンタインデーはキリスト教におけるイベントの一つで、海外では男女が愛を誓う日とされています。 ところが日本では、女性が男性にチョコレートを贈って愛を告げる日と、イベントの意味・・・

「神社」と「お寺」でお参りの仕方が違うのはなぜ?

かつての日本の家には、神棚と仏壇があるのが当たり前でした。 毎朝、ご飯を食べる前に神棚と仏壇の前に行き、拝むのは生活の一部でもありました。 ところが最近は、神棚や仏壇を置く家はほとんどありません。 神様や仏さまに拝むのも・・・

「そば」を「ズルズル!」と音を立てて食べていいのはなぜ?

日本人と外国人では音に対する感覚が違う? 秋の夜長の風物詩といえば、鈴虫やまつ虫の鳴き声ですね。 日本人はこれを風流と感じますが、欧米人にはただの「雑音」に聞こえるそうです。 そもそも「昆虫を買う」ことを気味悪がる人も多・・・

「あなた」、「君」はては「自分」など、相手の呼び方がやたら多いのはなぜ?

「お父さん」、「ボク」って誰のこと? 子供を連れている女性が、夫のことを「お父さん」と呼ぶのはよく見かける光景ですね。 もちろん、その女性と「お父さん」と呼ばれた男性は、夫婦であって親子ではありません。 他にも小さな男の・・・

昔の女性が、わざわざ歯を黒く染めていたのはなぜ?

いうまでもありませんが、「美人」、「可愛い」の基準は時代によって変わります。 たとえば、江戸時代の「美人画」を見てどこが美人なんだと思う人もいるでしょう。 ましてや、真っ黒に塗られた歯を目にしたら、不気味なものと目に映っ・・・

日本人が「桜」を好きなのはなぜ?

「四季」を楽しむ日本人 日本は「四季」がはっきりしている国です。 季節の移り変わりを感じるイベントが四季折々にあります。 1月の「お正月」、2月の「節分」、3月の「ひな祭り」、4月の「花見」、7月や8月には「盆踊り」や「・・・

芸妓、舞妓さんが、不自然なほど顔を「白塗り」しているのなぜ?

西洋の「白塗り」? 過激なロック系音楽のヘビーメタル分野で一世を風靡した「KISS」というバンドをご存知でしょうか? 顔を「白塗り」して、その上に異様な化粧を施したルックスは非常にインパクトのあるものでした。 この手の白・・・

お宮参りは神社で、お葬式はお寺、クリスマスは・・・ なぜ日本人は宗教をあまり気にしない?

結婚式は「教会」、お宮参りは「神社」、お葬式は「お寺」、・・・? 結婚式は「教会」で行い、子供が生まれたら「神社」にお宮参り、そして死んだら「お寺」でお葬式。 外国人が聞いたら、どの宗教を信じているのですか?と首をひねる・・・

お侍は、なぜ「ちょんまげ」なんて結っていたの?

手間のかかる髪型 髪型は重要なファッションのひとつですね。 中には非常に手間のかかるヘアスタイルもあります。 手間のかかるヘアスタイルといえばなんといってもミュージシャンなどにみられる「ドレッドヘア」でしょう。 長い髪の・・・

お寺などで、なぜ「横書き」の文字が「右から左」に書かれているの?

「横書き」は「左から右」に書くのではないの? 通常、「横書き」の文字は「左から右」に書きますよね。 ところが、「横書き」にもかかわらず、「右から左」へと逆順で書かれているものもあります。 たとえば、お寺や神社の表札のよう・・・

茶道でお茶を飲むときに茶碗を二度回すのはなぜ?

食事やお茶には国ごとに独特の作法がある! 出された料理に塩などの調味料をかけるのは、料理をもてなしてくれた人や料理を調理してくれた人対する侮辱ととられ、マナー違反であるとされる国がありますので要注意です。 ついしがちな行・・・

関東と関西でエスカレーターの歩く側がなぜ違うの?

関東と関西で文化・習慣が異なっている? 日本は狭い国といわれますが、関東圏と関西圏で文化や習慣が異なっているのが面白いですね。 東京と大阪を比べてみる際に、よく言われるのが「うどんのだし」です。 東京の「うどんのだし」は・・・

「恵方巻」の由来は大阪のローカルな風習? どうして全国的に有名になったの?

「恵方巻」とは、節分の夜にその年によって決まっている「恵方(吉の方角)」に向かって、願い事を思い浮かべながら黙って丸かぶり(丸かじり)し、最後まで食べきると願い事がかなうとされる「巻寿司」のことです。 節分が近づくと、「・・・

なぜ「節分」に豆をまいて鬼を追い払うようになったの?

「節分」といえば「鬼は外、福は内」と言いながら豆まきをする行事ですね。 それくらいのことはだれでも知っているでしょう。 でも、なぜ「節分」には鬼を外に追い出すのか、そしてなぜそれが2月3日に行われるのかをご存知ですか? ・・・

落語家の「真打ち」ってそもそもどんな語源? 「真打ち」になるまでの修行は?

落語家の「真打ち」という言葉をよく聞きますが、そもそもどんな意味からきているのでしょうか? また、「真打ち」になるまでにどのような修行をするのでしょうか? 落語家の「真打ち」ってそもそもどんな意味? 「真打ち」とは落語家・・・



このページの先頭へ