トレンディ トリビア / 日々の雑学よもやま話

あなたが知りたい、あなたの役に立つ「えっ!」と思うような情報が満載です。    【パソコン/スマホ、飲食物、動植物、健康、風習/慣習、政治/経済、行事/イベント、  その他雑学 など】

広さや大きさを示すのによく使われる「東京ドーム○個分」って、実際にはどれくらいなの?

「東京ディズニーランド」は「東京ドーム11個分」と聞いても、実際にどれくらいの広さなのかピンと来ないかもしれません。広さや大きさを強調したい場合に、「東京ドーム○個分」という表現はよく使われ、面積や体積を表す単位としてすっかり定着した感もあります。しかし、「東京ドーム」に行ったことがない人には実際の広さや大きさはよくわからず、漠然と想像するしかありません。では、実際にどれくらいの大きさなのでしょうか?

「会席料理」と「懐石料理」の違いを簡単にいうと?

「会席料理」と「懐石料理」、読み方が同じ「かいせき料理」で紛らわしいものです。「会席料理」は大人数で集まった宴会などの席で出される料理のイメージで、「懐石料理」といえば高級料亭で楽しむ料理を思い浮かべるのではないでしょうか?しかし、それらの違いな何でしょうか?じつは、これらは由来からして違うものなのです。

日本人の一人ひとりが「My箸」を持っているのはなぜ?

料理を食べるときに使うのはナイフとフォーク、それとも「箸」でしょうか?ある調査によると、全世界で約3割の人がナイフやフォークを使い、「箸」を使う人も同じくらいだといいます。ところで、「箸」を使う国の中でも日本の「箸」文化は独特とされています。日本では各家庭で、それぞれ「自分の箸」、いわゆる「My箸」が決められていますし、子供には少し小さな子供用の「箸」も用意されます。これはなぜなのでしょうか?

「卵」と「玉子」、二つの書き方があるのはなぜ?

同じ「たまご」でも「卵」と「玉子」では意味に違いがあるからなのです。説明が若干難しくなりますが、「卵」とは、生物が効率よく子孫を残すために、体外に排出した殻のついた生殖細胞のことを指しています。その中で、食料として扱われるこのの多い鶏の「卵」に、調理を施して加工したものを「玉子」と呼ぶのです。要するに、殻に入ったままの生のものは「卵」で、調理すると「玉子」なのです。

「宮内庁御用達」と勝手に名乗れるって本当なの?

「宮内庁御用達」という言葉は良く見聞きしますよね。この「御用達」という表記は、一般には「ごようたし」と読みます。「宮内庁御用達」あるいは「皇室御用達」と書かれているのを見たことがあるでしょう。皇室や宮内庁に品物を納めるのだから、厳しい審査を経て「御用達」を名乗る許可を得ているに違いないと、商品の質や価値に信頼を寄せてしまう人も多いはずです。ところが、この「宮内庁御用達」の制度はとうの昔に廃止されているのです。しかし、問題なのは宮内庁と取引がないにもかかわらず、「宮内庁御用達」を勝手に名乗る業者もいることです。しかも、法的に問題がないというから驚きです。

「すきやき」を食べるなら「和牛」と「国産牛」のどっちがいい?

「和牛」とは、もともと、日本に生息していた「牛」を品種改良で食肉用としたのが「和牛」です。「和牛=高級品」のイメージがありますが、商品名ではなく品種名です。品種名なので、産地に関係なく、オーストラリアで飼育された「黒毛和牛」も「和牛」なのです。一方、スーパーなどで買い物をしていると、「和牛」ではなく「国産牛」という表示もよく見かけます。この「国産牛」は、日本で飼育された「牛」という意味です。つまり、日本で飼育され食肉用に加工された「牛肉」なのです。

阿吽(あうん)の呼吸を表す「金剛力士像」、どっちが「阿」でどっちが「吽」なの?

二人の人間がぴったりのタイミングで行動を起こすことを「阿吽(あうん)の呼吸」と呼びます。「あ」は口を開いて出す音、「うん(ん)」は口を閉じながら出す音です。これが「息を吐く」、「息を吸う」という呼吸をイメージさせ、「息をそろえての行為」を意味するようになりました。「金剛力士像」、どっちが「阿」でどっちが「吽」なのかという疑問については、両者の違いは口の形で識別できます。以下に詳しくみていきましょう。

「イギリス」の語源は「イングランド」ではなかった?

イギリスの正式な国名は「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」です。英語で表記すると「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」であって、どう聞き間違っても「イギリス」とはなりません。「「イングランド」が訛って「イギリス」になった」という人もいますが、もちろんそうではありません。それでは、なぜ「イギリス」なのでしょうか?

「レギュラー・コーヒー」の「レギュラー」ってなに?

「インスタント・コーヒー」と区別するために生まれたのが「レギュラー・コーヒー」という名称なのです。「レギュラー・コーヒー」とは、豆の種類や飲み方、コーヒーの淹れ方に由来したものではなく、焙煎したコーヒー豆を粉状にし、ペーパーフィルターなどでドリップして飲むものをすべて「レギュラー・コーヒー」と呼んだのです。

日本語に「漢字」、「ひらがな」、「カタカナ」が混在しているのはなぜ?

日本語に「漢字」、「ひらがな」、「カタカナ」が混在しているのはなぜについて知るためには、まず「ひらがな」、「カタカナ」の由来について知る必要があります。結論からいえば、「ひらがな」も「カタカナ」も「漢字」から生まれたものなのです。以下にその経緯を詳しくみていきましょう。

「狛犬」と「獅子」と「シーサー」、もともとは同じもの?

日本には八百万の神がいるとされ、色々なものが「神の使い」とされています。その代表格が「狛犬(こまいぬ)」と「獅子(しし)」です。「獅子」も「狛犬」もライオンや犬に似た想像上の動物です。さて、同じような想像上の動物は沖縄にもいます。それは「シーサー」です。「獅子」、「狛犬」、「シーサー」と呼び名は異なるものの、古代のエジプトやイランなどのオリエント地方からインドの広い地域で、「守護神」として「ライオンの像」を設置していたのが源流といわれています。

日本酒に「○○正宗」という銘柄が多いのはなぜ?

「日本酒」は、お燗にしても冷やしても美味しいという世にも珍しいお酒です。そんな「日本酒」は今や国内のみならず、「SAKE」の名称で海外でも親しまれています。現在、日本では、一万を超える「日本酒」の銘柄が販売されていますが、その中でも多いのが「正宗」の名称を使った銘柄です。全国各地の酒造メーカーから、「正宗」が使われた銘柄が販売されていますが、それはなぜなのでしょうか?

「日本酒」がアルコール度22度以上にできないのはなぜ?

世界各地のお酒の中でもっともアルコール度が高いのは、じつは「日本酒」ともいえることをご存知でしょうか?えっと驚かれるかもしれません。「ウォッカ」や「ブランデー」のほうが「日本酒」よりアルコール度は高いじゃないかと思われるのももっともです。たしかに「ブランデー」は40度から50度もありますし、「ウォッカ」では90度以上のものもあります。どういうことなのでしょうか?

ほぼ一年中雪がある富士山の「初冠雪」ってどのように決めるの?

夏の終わり頃に富士山の山頂を麓から眺めて、山頂がうっすらと雪に覆われた状態になると「初冠雪」です。ただ、ここでちょっと不思議に思わないでしょうか? 「初」とつくからには、その年の「初めての冠雪」のはずです。ほぼ一年中、雪があるような富士山で、どこを区切りにして、その年の「初冠雪」と呼んでいるのでしょうか?

「こんにちは」って、そもそもどういう意味?

日本での「挨拶」の定番といえば、朝なら「おはよう」、昼なら「こんにちは」、夜になると「こんばんは」です。そして別れるときには「さようなら」です。ところで、この「こんにちは」とは、どんな意味なのでしょうか?また、「こんばんは」、「おはよう」、「さようなら」の由来は何なのでしょうか?これらの疑問について以下に解説していきましょう。

「富士山」の「五合目」は、登山ルートの中間地点じゃないって本当?

「富士山」の「五合目」までは車でも行けるため、多くの売店が立ち並ぶ観光スポットにもなっています。「五合目」は何を基準に決めたのか、また「合」という単位の由来は何であるかをご存知でしょうか?「五合目」はちょうど登山する距離の半分まで到達したということかと思いがちですが、そうではありません。では、標高が半分の地点かというと、それも違うようです。じつは「○合目」という標識は、距離や標高を十等分して決めたのではなく、登山の難易度で決められているのです。